歌詞

和文拍

Kra

作詞
景夕
作曲

問イ『寂しき冬に別れを告げて暖かき春を彩るもの』と掛け

『白雪に似て非なるもの』と解く

その心は?


問ロ 「問イ」の答えの本心を知り

文に生きる若人の心の 迷いと思想の変化を踏まえ

半紙にその詩を綴れ


半紙に文月の想い綴る


花と遊ぶか文と遊ぶか 戯れるのは言葉遊びか

手と手とりあい砂利道歩く 歌って 笑って

時は流れた 花と別れた 寂しさをただ書き記した

恨めど時代は藩暮に暮れた 流れ 響け 誇れ 今 文学の華


半紙に文月の想い綴る


物書きくれど引き返せなく いたずらに頁を進めた

事なき日々は長雨に似る 濡らして 潤してくれ

時の流れは花を枯らした 虚しさをただ書き記した

時の流れは俺をも枯らした 生かして 枯らした

吐いた言葉が宙を漂う 無意味な拍で 無慈悲な拍で

恨めど時代は藩暮に暮れた 流れ 響け 誇れ 今 文学の時代

提供: うたまっぷ