歌詞

妖怪横丁ゲゲゲ節~諸国漫遊編~

諏訪部順一

作詞
山田ひろし
作曲
太田美知彦

ぬ~らぬ~ら

そこな爺様ぬらりひょん

あれが妖怪総大将よ

喰えぬ顔した禿頭


ひょこひょ~こ

真っ赤な顔の朱の盤やい

ぎょろり目玉に角突き出して

今日もすなるは悪企み


ア、ソレ 妖怪さんたちゃお通りだい

百鬼夜行の揃い踏み

ア、ドンガラガッタドンと出たゲゲゲのゲ

宵越しゃ銭まきな


が~しゃが~しゃ

夜空見上げりゃがしゃどくろ

浮かばれぬやら音立てながら

今日もうろつくしゃれこうべ


す~りす~り

こそばゆいやらすねこすり

毛玉姿でまとわりついて

何が楽しゅうですねこする


ア、ソレ妖怪さんたちゃお通りだい

百鬼夜行の花道でい

ア、ドンガラガッタドンと出たゲゲゲのゲ

帰りにゃ連れてきな


ゆぅらゆぅ~ら

燃えているのはつるべ火か

赤い火の玉闇夜の道で

ふいに目の前ぶら下がる


べ~とべ~と

夜道振り向きゃべとべとさん

音はすれども姿は見えず

どうぞお先にゆきなんせ


ジャーンジャーン

首切れ馬で夜行さん

夜道ゆく時ゃ気をつけなされ

蹴飛ばされたらお陀仏さ


げ~らげ~ら

つるべ落としが落ちて来る

でかい頭でどさっと落ちりゃ

どんな奴でも腰抜かす


ア、ソレ 妖怪さんたちゃお通りだい

百鬼夜行の揃い踏み

ア、ドンガラガッタドンと出たゲゲゲのゲ

宵越しゃ銭まきな


ア、ソレ 妖怪さんたちゃお通りだい

百鬼夜行の花道でい

ア、ドンガラガッタドンと出たゲゲゲのゲ

帰りにゃ連れてきな

提供: うたまっぷ