歌詞

LOVE LETTER

河口恭吾

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

線路沿いのフェンスに夕焼けが止まってる

就職の二文字だけで君が大人になってく


向かいのホーム特急が通りすぎる度

とぎれとぎれのがんばれが砂利に吸い込まれていく


ホームに見送りに来た友達に混ざって

きっと僕のことは見えない


大好きだ 大好きだって

とうとう言えないまま

君は遠くの街に行ってしまう

何回も 何回も 書き直した手紙は

まだ僕のポケットの中


徹夜で作ったテープ 渡したかったから

夜道をバイクでとばし 君に会いに行った


ずっと言えずの言葉を託した曲達も

長い旅の退屈しのぎになればそれでいい


ヘルメットをとって変になった僕の髪を

笑いながらさわった君を忘れない


大好きだ 大好きだって

とうとう言えないまま

君は遠くの街に行ってしまうのに

何回も 何回も 書き直した手紙は

まだ僕のポケットの中


自転車を押しながら帰る夕暮れ

この駅を通る度

網目の影が流れる横顔を

僕はこっそり見つめてた


大好きだ 大好きだって

ずっと思っていた

君は遠くの街に行ってしまうから

何回も 何回も書き直した手紙は

ずっと僕のポケットの中

提供: うたまっぷ