歌詞

「月世界」

Plastic Tree

作詞
Ryutaro
作曲
Tadashi

夢遊病の

僕は夜空を登っていく

エスカレーターで

星あかりの余波を受けて

埋めた犬は遠くで泣いた

唄う僕の中で ゆらり

君のユーレー

眠れなくて祈る僕は

好きな君に会いにいくんだ

迷想する思考の僕にながれてくる

「星に願いを」

目が会うのは

針のような三日月で


そっと触れた月 僕をきずつけた

そっと触れた月 僕をきずつけて

そっと触れた月 僕をきずつけた

そっと触れた月 僕をきずつけた

そっと触れた月 僕をきずつけた

そっと触れた月 僕をきずつけた

そっと触れた君 僕をきずつけた

そっと触れた君 僕をきずつけて―――。


(・・・キスして。)

提供: うたまっぷ