歌詞

トレモロ

Plastic Tree

作詞
Ryutaro
作曲
Ryutaro

腐乱した雲がながれた

僕はひとり、思慮の森

甘い空気のどに絡みついて喘いだ

螺旋の階段 おちていく君の血が流れたら

まるで透明で綺麗だから泣いた


胸のピアノは高い音で

鳴り響いて君が居なくなる


不安を綴ってた夢のくずを羊が食べた

くるった形の誰かが手を振った

悲観的な未来だけを僕が求めたなんて

彼はやっぱり嘘つきみたいなんだ


明日は何か見えるかな?

詩を書くのも、もう止めなくちゃ


時計がまわりだして

スピードが速く速くなって

昨日から、ずっと遠く遠く変わる

僕を笑って


時計がまわりだして

スピードが速く速くなって

昨日から、ずっと遠く遠く変わる

僕は――――。


君から僕はどれくらい離れてしまうのかな?

冷たい風が気持ち良く、僕のほほに刺さった


ただ僕だけ変わった

ただ変わって―――。


提供: うたまっぷ