歌詞

髑髏の円舞曲

戸川純

作詞
太田螢一
作曲
上野耕路

炎の酒にこの身を燃し 金の杯掲げれば

遠き時代の幕間抜けて

真紅のマントの骸骨達

剣の舞はしじまに冴えて

宴は巡る 月光映えて


カラカラ響く 髑髏の笑い

カタカタ回る 髑髏は踊る


乾いたベーゼ この身を溶かし

繻子ガウンの裳裾を乱す

燭台浮かぶ過ぎこし栄華

蜘蛛の巣あやとる やかたの夢か

奈落の魂 広間に集い

死せる舞踊に従うつまさき

宴は巡る 果てなき夜に


カラカラ響く 髑髏の笑い

カタカタ回る 髑髏は踊る

提供: うたまっぷ