歌詞

集団農場の秋

戸川純

作詞
太田螢一
作曲
上野耕路

地にうなるコンバイン

増産されるトラクター

降り注ぐ空中散布

生み落ちる鶏卵

運ばれるミルクポット

繰り返す品種改良

大規模な機械化

目ざましい五ヵ年の成果

収穫はグラフを突き抜ける

穀物の供給は食卓に満ち溢れる

集団農場はいまや秋

変わりゆくツンドラ

拓けゆくシベリア

拡がりゆく肥沃な大地よ

みわたせば黄金の稔り

宴にはコサックの歌 声高らかに唄い

夕げにはサモワールが湧き立つ

提供: うたまっぷ