歌詞

男節

斉藤和義

作詞
斉藤和義
作曲
斉藤和義

暮らし始めたあの頃は エプロン姿眩しくて

疲れてるのもなんのその そこがラブホさ台所


行ってくるよと勇ましく 赤い顔して「ただいま」と

呂律回らぬ毎日じゃ 3日続きのカレーライス


おまえが出かけたその隙に 一人隠れてスルけれど

本当はおまえとしなきゃな もっとおまえと話さなきゃ


I'm a Man I'm a Man

旅をするのさ いつまでも

I'm a Man I'm a Man

俺を選んだおまえが悪い!


酒を飲まなきゃいい人なのに 葛飾育ちの親父は

手術の痕を勲章に リタイヤする気はないようだ


世間体が最優先 お嬢育ちのお袋は

今も田舎に馴染めない 起きたそばからヒステリー


何処からか声が聞こえてくる 耳を澄ませば胸の中

「それでいいのか?おまえの人生 たった一度きりの人生」


I'm a Man I'm a Man

約束なんて出来ないぜ

I'm a Man I'm a Man

俺は男だ 何処までも


俺の仕事は歌うたい ギター抱えて何処へでも

アーティストなんて呼ばれてさ ギャラがよければ何処へでも


君が泣くのも無理はない ちやほやされて浮かれてさ

ネタになるなら泣かせても 歌にするのが仕事だぜ


もしもそれでもいいのなら 見ていてくれよ何処までも

俺は女が好きだけど おまえの敵が見当たらねー


セブンスターが目に染みる これは涙かこの雨か

旅の終わりはいつの日か おまえの胸で死にたいぜ


I'm a Man I'm a Man

勝手ばかり言ってやる

I'm a Man I'm a Man

俺は馬鹿だぜ 覚悟しな!

I'm a Man I'm a Man

約束なんて出来ないぜ

I'm a Man I'm a Man

旅を続ける 何処までも

提供: うたまっぷ