歌詞

夕暮れ

つばき

作詞
一色徳保
作曲
つばき

夕暮れが肩落とす影を見てた

少しずつ遠ざかる日々を感じて

「東京の時の流れは早いな」

そんな事を呟いて


赤く染まった道は続く どこまでもただ続いているようで

怖くなっても今は帰れない 一歩も引けないのさ


いつになく空が 赤く燃えているんだ

焼け落ちた日々は 涙のかわり

歩き出すよ 振り返らずに

今はただ強く 未来を映せ


この空の向こうに続く夢の

欠片集めてみたいと思うから

どんな無様な姿になっても

前へ前へと思うよ


赤く染まった道を歩く どこまでもただ歩き続けている

怖くなっても今は帰れない 一歩も引けないのさ


こぼれ落ちてゆく迷いやため息を

打ち消すように吐き出す言葉たち

強がりじゃなく強い思いを

どこまでもただ 響かせるのさ


心の中の僅かな光を 手繰り寄せてはまた見失う

そんな時の中で気付いた この瞬間を掴み取る今


いつになく空が 赤く燃えているんだ

焼け落ちた日々は 涙のかわり

歩き出すよ 振り返らずに

今はただ強く 未来を映せ

提供: うたまっぷ