歌詞

電照菊

かりゆし58

作詞
前川真悟
作曲
前川真悟

電照菊の光よ 夜の帳を照らしてくれないか

大切な人がいつか 夜道に迷うことなく 帰りつけるように


何もない田舎町で芽生えた アナタと僕の恋は

悲しいほど迷いがなく 痛いほど無垢だった


忍び寄る別れの時 気付かないふりでやり過ごした

アナタのその小さな手を強く強く握った


蛍の光を集めて夜道を歩くような

頼りない夢を握り締めて アナタは遠い街へと向かう


電照菊の光よ まばゆいほどに 照らしてくれないか

ただひたすら好きだった あなたの涙を決して見たくはないから


『愛すること』『信じること』2人をつなぐ最後の糸が

あまりにも頼りなくて 心は揺れ続けた


冬を越えて 春が過ぎて 長い長い夏が終わる頃

アナタは少しかすれた声で 恋の終わりを告げた


アナタが飛び立った夜を 今でも覚えてます

アナタもきっとこの光を 夜空の上から見ていたのでしょうか


電照菊の光が届かない街の夜は アナタをどんな気持ちにしますか?

今ひどくアナタの声を聴きたいよ


電照菊の光よ この暗闇を照らしてくれないか

大切な人がいつか 夜道に迷うことなく 帰りつけるように

提供: うたまっぷ