歌詞

ひかり

新垣結衣

作詞
新垣結衣
作曲
葛谷葉子

鏡をのぞきこめば 色のない私がいる

他の誰だって 君にさえも見せたことない


誰かがそばにいれば 笑顔のとき過ぎるけど

1人になり急にあふれる 閉じた記憶


身にまとった白いベール

いつのまにか重くなって

ひきずりながら歩いていたことにさえも気づかぬまま


疲れ果てた足が崩れて

膝をついてしまったから

私の冷えた身体に

ちらばる破片のキズがまた一つ増えてく


なんだか眠たくって なのになぜか寝れなくて

窓を開けてみる 静かな風と消えゆく闇


時間が動き出して 今日も誰かと出会って

そのたびにまた知らない自分に怯えてゆく


いくどとなく暗い波が

押し寄せては飲み込まれて

それでも見えない明日に期待してはまた繰り返して


疲れ果てた腕が光を

抱く力を失ったから

続く道の足元

照らすこともなくただそこにうずくまってる


歩いてきた道の全てが

忘れたいことだけじゃない

やさしさやぬくもりに

出会えたことも本当だから


自分らしさの意味はまだ

探している途中だけど

もう迷いたくはない

自分の光で一歩ずつ歩いていきたい

提供: うたまっぷ