歌詞

mezzo forte

茅原実里

作詞
こだまさおり
作曲
俊龍

しんと凪いだ空に手をのばす

今日がフイに遠い こんな時

そこは誰と見てた夢なのか

いつか誰かと見る未来なのか


開かれた扉さえ 逆らうような視線で

何度でも意思を問う だからこそ

踏み出したその重さ 感じられるね


瞬くように 羽ばたくように 新しい旋律が動いた

とても自然で だけど確かで 心に強く響いてる

永遠をほどいた魂のうた 約束の地へやすらぎを連れて

いつか重なるふたりの今日を 美しく奏ではじめた


まるで水の中を歩いてる

そんな不自由さを知ってるね

誰も弱くたって笑わない

声をあげてみてもかまわないの


放たれた海原は 見渡す限りの銀河

その愛が孤独なら

失った邂逅と 同じだけのめぐり逢いを


しなやかに さあ 清らかに さあ 自分という旋律をうたおう

振り向くたびに かけがえのない 軌跡が背中を押すから

瞳凝らして 耳を澄まして はりつめた細い弦の調べが

いつか絡まるふたりのフォルテ やわらかな気持ちにかわる


瞬くように 羽ばたくように 新しい旋律が動いた

とても自然で だけど確かで 心に強く響いてる

永遠をほどいた魂のうた 共鳴しあう わたしとあなたの

いつか重なるふたりのフォルテ やわらかな愛を奏でよう

提供: うたまっぷ