歌詞

願い星

Snow*

作詞
shilo
作曲
shilo

壊れそうで 大切すぎて触れなかった

忘れないよ 星に願いを

教室の隅にはいつも不思議箱

誰にも見せないし いつも見ないふり

初めて送ってもらった星の夜

あの果実も まだ食べてないけど

本気でぶつかった 泣いて騒いだ

神経はきっと 絹糸と鋼鉄で出来てた

おさえきれない 想いを投げて願い星に

今 駆けるよ 扉の外はダイアモンド

幾千の夢 書き写したノートに

閉じ込めたら 会いに行くよ


大人になっていく ひとりひとり

友情の隣で少し嫉妬心

だから 間違った理由を並べて

キレイな器で 無数の恋をした


急に始まった 君が現れた

世界中すべて 金色と七色に 変わった


きれいすぎる涙なんて信じないけど

もしかしたら 今 君の瞳に映る

幾千の願い星 流れて散った

その瞬間 何が見えた?


気付いていた 季節はいつか変わる事を...

少し、泣いた。


おさえきれない 想いを投げて願い星に

今 駆けるよ 扉の外はダイアモンド

幾千の夢 書き写したノートに

閉じ込めたら 会いに行くよ


キラキラと永遠を切りとったままで

約束した 君とならあの日のキスを

壊れそうで 大切すぎて触れなかった

忘れないよ 星に願いを

提供: うたまっぷ