歌詞

Eden of necessity

スティング・オークレー(諏訪部順一)

作詞
三重野瞳
作曲
馬場一嘉

低い軌道で希望が昇る 闇と影が落ちる

語り継ぐ者 口つぐむ者 悲しみに朽ち果てる者

あどけないふりしたこの世界の群れから離れ

一人立ち止まることなどできない運命でも……


今、明日が欲しいと願う……必然の様に

何を差し出せばすべてに間に合うのだろう?

あの時剥がれ落ちた真実を手繰りよせる


失う事で得るものはもう痛みに満ちていて

分け合う事で少し眠れる夜が来るのは気付いてる

例えばそんなにも秩序のない時間の中で

ひたすらに迷う事なく存在する未来


ただ、明日が欲しいと願う……それが罪ならば

何とひきかえに許してもらえば終わる?

冷たい風が白い記憶まで手繰りよせる


今、明日が欲しいと願う……必然の様に

何を差し出せば手に入るのだろう?


ただ、明日が欲しいと願う……それが罪ならば

何とひきかえに許してもらえば終わる?

冷たい風が白い記憶まで手繰りよせる

提供: うたまっぷ