歌詞

Primal Innocence~Bridge version

シン・アスカ(鈴村健一)

作詞
黒田倫弘
作曲
黒田倫弘

これ以上、なくしたくない 絆と云う僕らの証しを

傷付け合って彷徨える 永遠の行方をこの手で誘おう


幾つもの時代を 見守ってる

何時もと変わらぬ 星達は

僕らが明日に 迷わないように

照らし続けてくれている


だけど歩き続けてく程に

人の優しさに 触れる度に

目の前のモノが 総てなんだと

思い知らされ 立ちくらむ


「悲しみを力に変えてく」

それを強さと 云うのならば

何処に行けば 手に入る

揺るがぬ心 誰か教えてくれよ

tell me where to go


これ以上、なくしたくない 絆と云う僕らの証しを

傷付け合って彷徨える 永遠の行方をこの手で誘おう


逸る気持ちを 押さえ切れずに

振り返る余裕を 無くしてゆく

そんな独りよがりじゃ いつかは

大事なモノを 落としてしまう


繰り返す出逢いと別れ

重ね合う夢を 紡いでいく

僕らはそんな 単純に

型成ていないから 独りじゃいられない Yeah…

we belong together


見上げてるこの大空に「願いよ叶え」と云うだけなら

誰でも出来る、怯えるな 高鳴る鼓動に未来を託して


僕らはこの世に生まれて 初めて触れた温もりと

寄り添いながら支え合って 生きていく ただそれだけなのに…


tell me where to go

これ以上、なくしたくない 愛と云う僕らの証しを

傷付け合って彷徨える 永遠の行方をこの手で

Don't forget primal love 譲れない 心が剥がされそうになっても

誰の為でなく 自分の為に 人を信じていたいと願ってる

提供: うたまっぷ