歌詞

初恋

樹海

作詞
愛未
作曲
出羽良彰

夕焼け小焼けで染まった帰り道に

ふたつ伸びた影 ひとつに結んで歩いた


あぁ うつむいて石ころを蹴飛ばす 横顔

あたしだけの景色は


初恋の日々 かわした笑顔をあなたは覚えてますか?

セピア色の日々 あの日より少し大人になったけど

そっと そっと ぬくもりよみがえる

ずっと ずっと 優しい記憶


いつも自転車で迎えに来てくれたね

あなたの背中は 小さな宇宙みたいで


あぁ 「何処にだって行けそう。」と

つないだゆびきり 置き去りの約束


初恋の日々 流した涙を想い出したりしますか?

幼かった日々 だけど精一杯あなたが好きでした

きっと きっと 新しい恋しても

ずっと ずっと 消えない記憶


茜雲とスカートの裾が 風に揺れて

あなたの隣 小さなこの手で愛に触れたの


初恋の日々 かわした笑顔をあなたは覚えてますか?

セピア色の日々 あの日より少し大人になった今だから

この街灯りの 何処かにいるあなたまで

届かなくても 幸せで居てね。

この風に乗せて

そっと そっと ぬくもりよみがえる

ずっと ずっと 優しい記憶


初恋の日々

提供: うたまっぷ