歌詞

崩壊の前日

角松敏生

作詞
TOSHIKI KADOMATSU
作曲
TOSHIKI KADOMATSU

いつも通りの街ただひとり彷徨えば

行くあてのない 日々を知らぬ人々に出会う

にぎわう通りこんなにも素敵

満ち足りてるはずでも

何故なんだ

足りないこと

知っていても

誰もみなそんなこと気もかけずに

明日がまたやって来ると信じてる

約束もないのに

また日が暮れて行く


どこか遠くの街で泣いている愛しい人よ

いつでも会える 思い込んでたちっぽけな世界も

たったひとつの出来事だけで

失うほど儚い

誰も来ない

誰もいない

誰のために

僕たちは生きているの気づいたなら

無くしたもの取り戻せる真実と

想い出の街に

今 風が吹いている


崩壊の前日に君は何処にいたのだろう

そして今でも僕たちはここにいられる

誰もが同じ痛みと出会う

けれどいつか過ぎ行く

回り巡る

日々の中で

見つけられる

大事なものそれだけを失わないで


今を生きて

今を見つめ

ほらごらん

大好きな街にひとつ灯りがともりだす

提供: うたまっぷ