歌詞

SINGLE GIRL

角松敏生

作詞
CHINFA KAN
作曲
TETSUJI HAYASHI

遅い電車のドアにもたれて

逃げる街の灯り見つめてた

がんばりすぎよ 仕事仲間の

心配顔 平気と笑って

毎日降りる駅を出て

ヒールの音がついてくる

ただなんでもないあの曲がり角で

急に涙がこぼれた

Single Girl わたし 淋しかったんだ

自分でも気づかなかった

Single Girl わたし 泣きたかったんだ

正直にあなたの胸で

逢わないでいたら終わるって

信じてもないくせに


あんなにいつも近くにいても

あなたのことなんにも知らない

そんな気がして 付き合ってから

通り過ぎた季節を数えた

片づいていく友達は

あとはタイミングだけよと

そんな冷やかしに苦笑いしてたけど

心が沈んだ


Single Girl わたし 淋しかったんだ

答えさえ見えない恋が

Single Girl だから ムキになったんだ

ちっぽけなすれ違いにも

流れていく時間の速さが

本当は恐かった


なんにも聞かずにわたしを抱きしめて

両腕で包んで 黙って抱きしめて

この次 ねぇ 逢えたとき

Single Girl わたし 淋しかったんだ

自分でも気づかなかった

Single Girl わたし 泣きたかったんだ

正直にあなたの胸で


もういちど自分の気持ちを

確かめて電話しよう

提供: うたまっぷ