歌詞

もどり道

角松敏生

作詞
TOSHIKI KADOMATSU
作曲
TOSHIKI KADOMATSU

風が吹いている

誰もいないホームにひとり佇む

一番電車でこの街を出て

さあこれからどこへ行こう

あなたがくれた数々の

日々を悔やんではいないけど

今はもう

I'm leaving your heart

いつの日でも

見果てぬ夢語るあなたの目が

好きだったけれど

ごめんなさい私なんてどこにもいる

ありふれた奴だから

あきらめるね


窓を流れ去る

景色がほら

ゆっくり変わりだしたら

知らない都会まであとわずかだね

これから先何があるの

見つけたいものわかるけど

どこにあるのかもわからない

このままで

降り立つ駅に溢れ出る

人の渦に押し流されそうになった

その時に

ポケットからこぼれ落ちた

あなたの部屋の

鍵を拾うと何故か

涙が出た


You live in my heart

この都会でも

私きっとあなたに似た人に

また出会うのかな

振り返るともどり道が続いていた

時の轍の向こう

愛が見える

提供: うたまっぷ