歌詞

時をとめて

MAY

作詞
岩里祐穂
作曲
松本俊明

目覚めた私の前には

そこにいるはずの

あなたがもういない


朝が来て何も見えず

微笑んでも涙が伝うならば少し

このまま泣き続けよう


時をとめて 忘れないで

二人いた季節に時を戻せないなら


大事だった思い出さえいつか

なぜ薄れてゆくのだろう


あなたはやがて恋をして

誰を幸せに導くのでしょうか


私は誰と出会って未来を歩くだろう

答えなんか何も本当は知りたくない


君が欲しい 今が欲しい

永遠に変わらないものを私に見せて


愛と呼べるあの不確かな気持ち

胸にずっと憶えていて


人ごみの街で見あげた空

ビルの隙間から光こぼれてるのに


時をとめて 忘れないで

二人いた季節に時を戻せないなら


愛と呼べるあの不確かな気持ち

あなたはずっと憶えてい

提供: うたまっぷ