歌詞

Wagon

Caravan

作詞
YUKI/CARAVAN
作曲
CARAVAN

気怠い午後に目覚めて ため息と空気を吸い込んで

吐き出せば空高く飛んで 曇り空を雨に変えた。

思えばいつでも躁だった。

思い出はやけに華やいだ。

いたずらに持て余した季節は 昔話にもならないが。


夏の太陽 真に受けて はしゃぐ気もしないし

恵みの雨に打たれよう それもいいな


君のワゴンで眠らせてくれないか

恋の流れる景色 眺めながら


昼下がりには雨上がり 暗がりを抜け出し光浴び

抱えたギターのケースの中で新しい花が育つ様に

思えばいつでもそうだった。

光は闇でこそ輝いた。

リズム刻む この手に絡むカラフルな歌は満開だ。


夏の太陽 照りつけて涙も渇いた

もう一度 風に吹かれよう それもいいな


君のワゴンで連れ出してくれないか

今も夢の続きを想いながら

唇にはメロディー 走れ雲の様に

the life is just a comedy. 笑い飛ばせる様に


それぞれのスピードで 何処までも行こうよ

追いかけるのもバカらしい そんなもんだ


君のワゴンで眠らせてくれないか

恋の流れる景色 眺めながら

唇にはメロディー 走れ雲の様に

終わる事のないストーリー

走れ雲の様に...

提供: うたまっぷ