歌詞

喝采

徳永英明

作詞
吉田旺
作曲
中村泰士

いつものように幕が開き

恋の歌うたうわたしに

届いた報らせは 黒いふちどりがありました

あれは三年前 止めるアナタ駅に残し

動き始めた汽車に ひとり飛び乗った

ひなびた町の昼下がり

教会のまえにたたずみ

喪服のわたしは

祈る言葉さえ失くしてた


つたがからまる白い壁

細いかげ長く落として

ひとりのわたしは こぼす涙さえ忘れてた

暗い待合室 話すひともないわたしの

耳に私のうたが 通りすぎてゆく

いつものように幕が開く

降りそそぐライトのその中

それでもわたしは

今日も恋の歌 うたってる

提供: うたまっぷ