歌詞

悲しい鳥

つばき

作詞
一色徳保
作曲
一色徳保/つばき

「悲しい言葉や ため息は要らない」

そう吐き捨て 飛び出した秋空の下

太陽が雲間から俺を 睨んでいるのさ


こんな時に冷たい風か 頭をよぎるのはいつも君の顔

乾いたコンクリートの上 疲れ果て座り込む


相変わらずのまま 見上げている

描かれた 素晴らしい日々

青い鳥が飛んだ空の向こう 鳴きながら消えていった


1時間、2時間過ぎては 移り変わってゆくこの空

騒めいていた街も 静まり返っていた


また重い腰上げ歩き出す きっとそういう事なんだろう

僕はずっとずっと歩くだけ 「サヨナラ」を繰り返して

その先に果てに何がある そんな事は分からないや

青い鳥を追って空の向こう 笑ったり泣いたりするんだろう


明日の風に吹かれて 僕はまた歩き出すのさ

提供: うたまっぷ