歌詞

土曜の午後

つばき

作詞
一色徳保
作曲
つばき

陽が少し傾いた土曜の午後は

相変わらず君に会いたくなって


やりかけの宿題を放り投げて

口ずさむメロディーと向かった駅

飛び乗った電車の窓から見えるのは

いつもより色鮮やかな風景


誰かが窓を開けたみたいで

風は春を知らせる匂い

この心を揺らすものは

生温い風じゃない きっとそう


今 君の街へ 僕を乗せて走る

電車はただ この想い乗せて走る


「この想いも氷の様にいつかは溶けて

なくなってしまうの」って笑って言うから

ツギハギだらけのその心に

少しだけ不安になって 霞む風景


赤く染まった街の駅に

髪を揺らす君がいて

そんな不安すら忘れさせる

夕陽に揺れてる 君の瞳


そうさ 見つめ合えば 何もいらないその先は

いつまでも 覚めない夢の中


そして 春の夜にふれて 二人愛し合えば

本当も嘘も こんな歌すら意味はない


君が眠る街は明けて 僕は覚めない夢の中

君の知らない春の歌を 口ずさみ会いに行くよ


陽が少し傾いた土曜の午後は...

提供: うたまっぷ