歌詞

蝋の翼

鬼束ちひろ

作詞
鬼束ちひろ
作曲
鬼束ちひろ

宇宙が震える夜を過ごすとき

貴方が震える意味を守らせて

どんな姿さえも愛しい


真っすぐに歩けるように手を引いて

まともじゃないけれどかまわないの

二人は化学のように旅をする


蝋の翼で 太陽へと

飛んでゆく 貴方となら どこまででも

溶け落ちたって なんていい気分で

次を待てない

貴方とならば


あの虹が消える頃には顔をあげて

「もうそれは重くない」と言えるはず

何にも邪魔されたくない いつだって


蝋の翼で 太陽へと

飛んでゆく 貴方となら どこまででも

溶け落ちたって なんていい気分で

次を待てない

貴方とならば


想えば想うほど羽根は広がる

真実は怖いものだから そっと

寄り添ってしまう 悪い事じゃない

身体中を私に預けて


蝋の翼で 太陽へと

飛んでゆく 貴方となら どこまででも

溶け落ちたって なんていい気分で

次を待てない

貴方とならば


溶け落ちたって なんていい気分で

次を待てない

貴方とならば

提供: うたまっぷ