歌詞

あたしを嘲笑ってヨ

中村中

作詞
中村中
作曲
中村中

強がって薄着で飛び出してきたから 夜風にくしゃみを飛ばしてる

夜は急に冷える 誰でも寒いのに 誰ひとり さみしいと言えないね

言ったら もっと さみしくなりそうで


生意気にスカートで駆け出した矢先 かくれた膝には 血が滲む

声かけて欲しくて 派手にキメたのにさ 派手につまづくから 馬鹿

みたい

そしたら急に 涙が出てきたよ


さみしくても 電話かける 相手もいないのよ

泣きたくても 聞いてくれる 相手もいないのよ

夜風に慰めもらってる ねぇ あたしを嘲笑ってヨ


意地張って啖呵を切ってきたから 気が付けば周りに誰もいない

それでも誰かの調子とるような マネよりゃましかと思うんだ

たまには弱気に なる日もあるもんさ


さみしくても 電話かける 相手もいないのよ

泣きたくても 聞いてくれる 相手もいないのよ


さみしくても 電話かける 相手もいないのよ

泣きたくても 聞いてくれる 相手もいないのよ

夜風に慰めもらってる ねぇ あたしを嘲笑ってヨ

提供: うたまっぷ