歌詞

13

ジムノペディ

作詞
JUNICHI KOBAYASHI
作曲
JUNICHI KOBAYASHI

「詩を読むように あたしの目をみつめて いつまでも

あたしじゃなくて あたしの想像力を愛して」


奏でます 13色の音色 どんなうただろう

春風よ あたしはここにいます 書き綴った楽譜を

彼に届けて


「誰のためとか 自分のためだとか そんな事

どうでもいいの 只いっさいは繋がるの 繋がるの」


描きます 13色の夢を どんな夢だろう

変わります 何かは変わります

向かっているわけだから「あたしに触って」


奏でます 13色の音色 どんなうただろう

春風よ あたしはここにいます 書き綴った楽譜を届けて


彼のために描いたうたも 原色の言葉も

悲しいかな 時代は混ぜてしまう

最後の「ひとつ」でもあなたに届け


12色でした 12色でした あなたに会うまでは 12色でした

12色でした あなたに会うまでは 12色でした

提供: うたまっぷ