歌詞

SAD SONG

John-Hoon

作詞
Toko Furuuchi
作曲
Takuya Harada

またひとつ朝が来て僕の体は

君のいない世界に慣れてゆくのか

ビルの窓に射し込む金色のsunlight

君が毎朝見てた鏡照らすよ

いつだってそうだった

テーブルの上に忘れてゆくクセ


You were everything,

just everything I had

はかなく消えていった、遠く

You were everuthing,

and someone I'd die for

失うことの意味を知りながら

Baby, ひとりで生きてゆくよ


幸せという種をこの部屋中に

君は笑顔とともに蒔いていてくれたね

ひとりきり残された

僕の涙では何も咲かないよ


You were everything,

just everything I had

どれほど手を伸ばしても届かない

Baby, ふたりのあの日々には


繰り返し言ったI love you

さよならを知ってたように

限りなく時間だから

もっと欲しくなる


You were everything,

just everything I had

心は君に逢える場所へ

You were everuthing,

and someone I'd die for

失うことの意味を知りながら

Baby, ひとりで生きてゆくよ

提供: うたまっぷ