歌詞

銃声1979

THE LILAC

作詞
柴田達矢
作曲
柴田達矢

僕はきっとずっとこのまんま 約束はできないけど

ケツが叫ぶ 導火線ついたケツ

次はお前の番だ スタートの鉄砲は響く


青いエスケープ 夜に咲く星が合図だ

通り行く人の隙間に転げ落ちた僕の心


アホと呼ばれても別にいいよ ゆずれないものがひとつあるならば

そんな僕等のためだけに地球が回る瞬間もある

負けたくないと涙をのんだ 僕だってそんな夜を乗り越えた

逃げたくなるような夏の午後は 宝石のようなナイフが刺さる

心の奥にザクッと刺さる こんなもんじゃないと 僕等はまだ行ける


僕は切符を切った 次はお前の番だ

スタートの鉄砲は響く


明日はどうなんだ 明るい未来なのか そんなのわからないよ なぁ

何もない夜だ 星屑さえもない

次はお前の番だ スタートの鉄砲は響く


青いエスケープ 夜に咲く星が合図だ

通り行く人の隙間に転げ落ちた僕の心


悲しみの雨に打たれても 僕等はスピードをどんどん上げていく

そんな僕等のためだけに地球が回る瞬間もある

負けたくないと涙をのんだ 僕だってそんな夜を乗り越えた

逃げたくなるような夏の午後は 宝石のようなナイフが刺さる

心の奥にザクッと刺さる こんなもんじゃないと 僕等はまだ行ける


僕は切符を切った 次はお前の番だ

スタートの鉄砲は響く

提供: うたまっぷ