歌詞

雨の日曜日(One Day At A Time Version)

平松愛理

作詞
平松愛理
作曲
平松愛理

動き出す窓から 真っすぐ私を見てたから

傘の柄を倒して涙をかくした

バス停の脇で 今年も咲いてる

この白い花だけが眺めてた 恋の結末


二人描く夢が違ってるからと それだけの

綺麗すぎる別れ文句に今さら

雨が降るたびに たまらなくなるの

やっと分かった 夢と幸福は別だった事


雨の日曜日は素直になりすぎる

次のバスまで予感だけ待ち続けよう

あなたはこの雨に 何映してるの?

思い出とじゃなくて あなたと生きたいの


この場所で待ち合わせた日曜日は 雨ばかり

君のだけでいいと傘持たず来たね

ステップ入口 一段目で待つ

あなたの笑顔へ飛びこむデート 昨日のようよ


未来を話し合う熱っぽい時間 惹(ひ)かれてた

いつ自分だけ精一杯になった

好きなものなど 同じじゃなくても

認め合える強さが何よりも 大事だったのに


雨の日曜日は心を洗っていく

こんな私を通りすぎるパラソルの花

あなたはこの雨に 誰と傘さすの?

きっと思い出して ここにいる私を


雨の日曜日はクラクション甦る

この手離れ小さくなったあなたのバスを

追いかけ空高く 舞ったあの傘は

羽ぬれたたんぽぽ 飛べなかった優しさ

思い出とじゃなくて あなたと生きたいの

提供: うたまっぷ