歌詞

敬礼ボウイ

シド

作詞
マオ
作曲
しんぢ

主君に代わり 散る 出来レース

打倒 我で 成れの果て ダイブ

ジャパニーズと非ジャパニーズ民

境界線 苦悩 ザ思春期ボウイ


煽り煽られで 鈍る 狂気

拡声器で 捻じ曲げた 教養

忍ばせた針だけが 武装さ

負ける気しません 連呼せよ


桜 舞う頃 僕 咲きました

アノ子ゲンキデネ


貴様ごときの 機体など 峰打ちで十分

多勢に無勢さ 承知の上 万歳 目を瞑り 終わります


額の中で 敬礼の パパ

配給 お報せ待機 ママ

二本足直立不可 シスター

拝啓、壱拾六年の日々


桜 舞う頃 僕 眠ります

アノ子ニアイタイ


竹槍を持って 鉛 制した 可笑しな あの時代

終止符のサイレン 予想外で 平成(いま)の世 お空から 嘆きます


貴様ごときの 機体など 峰打ちで十分

多勢に無勢さ 承知の上 万歳 目を瞑り 泣いた


竹槍を持って 鉛 制した 可笑しな あの時代

終止符のサイレン 予想外で 平成(いま)の世 お空から 祈ります

提供: うたまっぷ