歌詞

station

navy&ivory

作詞
吾郷水木生
作曲
吾郷水木生

今年の冬は少し暖かくなると

流れる掲示板の液晶が知らせる 混み合うエクスプレス

隣りの席の人は疲れきった顔で寝てる

その向こうには旅慣れた様子の紳士

誰もがそれぞれのふるさとへ向かうよ

どんな着飾った人も お土産の紙袋をその手に


トンネル抜けて 鉄橋渡って 僕らを乗せて列車は走るよ

大きな悩みも 小さな迷いも 束の間忘れさせてくれる

ふるさとへ向かって


大丈夫だと言うのに 駅まで迎えに行くよと

受話器越しの親の声 また少し歳をとった気がした

制服に着られてた僕ら いつの間に大人になってたんだろう

親友には子供も出来た

誰にもそれぞれのふるさとがあるように

こんな僕にもいつか 愛すべき誰かが待ってるかな


いくつもの街 車窓に映し 僕らを乗せて列車は走るよ

大きな夢も 小さな壁も 越えられなかった僕さえも

優しく運ぶよ


年が明けたら 何か変わるかな? 見覚えある景色に占えば

歳とった親も 落ち着いた友も

その答えは知らないと微笑うだろう

トンネル抜けて 鉄橋渡って 僕らを乗せて列車は走るよ

迷うことなく 速度も変えず それぞれが帰るべき駅へ

優しく運ぶよ

提供: うたまっぷ