歌詞

五月の空の下で

eastern youth

作詞
吉野寿
作曲
eastern youth

狂い出した歯車が今、

加速を付けて廻る

笑い出して走り出す朝

高架下 白いシャツ

五月の空の下で


直射日光にメッキを剥がれて

地金を晒す午後

立ち尽くして聴こえないふり

時計を見てるふり

五月の空の下で

足に絡み付くアスファルト


古いお伽話のような

救いの光を待つのだが

それらは遥か遠く

色淡く

地平の彼方に揺れている


狂い出した歯車が今、

加速を付けて廻る

構わねえさ

行くも戻るも背中の風に訊く

五月の空の下で

足に絡み付くアスファルト

五月の空の下で

提供: うたまっぷ