歌詞

iris~しあわせの箱~

Salyu

作詞
Salyu
作曲
Ryoki Matsumoto

あなたの方が知っていた 私が大事にしてたもの

また会えることを信じて 約束もせずに手を振った


車窓は 流れ出す景色の フレーム

そっとそっと 始まりを映し出し始める


二人で生きる理由を 貫くような眼差しで確かめ合った

今でも息衝く痛みは 記憶 それ以上の何か 誓いそのもの


あなたが置いた約束 そのままずっとかばってる

もう会えないと しても いつも 私の箱にしまっていく


それぞれの想いで 同じ唄を愛した

過ぎ行く時の 彼方に 響くメロディ


違う景色の中にも 同じ色が輝いてる ことを知ったの

背中合わせの間に ある 温もりをきっと感じていける


「失わずには前に進めない」 そんな想いも

手品みたいに 種を明かされることを待ってる


鉄路の先を辿って フレームは新しい 街を宿した

サヨナラを唄に出来たら また あなたに出会える どこにいても


違う景色の中にも 同じ色が輝いてる ことを知ったの

背中合わせの間に ある 温もりをずっと感じていける

提供: うたまっぷ