歌詞

世界で一番小さな海よ

Aqua Timez

作詞
太志
作曲
太志

光に満ちたあの芝生で 穴の空いた風船をふくらませようと 必死だった

気の遠くなるような その静かな作業だけが 賑わいへの抵抗だった

遊んでもらえぬ子供は つま先をじっと見つめたままで

頭でかなしみを処理しようとするけど

心が首を横に振る 飴玉をゆっくり味わうように

ひとり 生きてく苦味を知るしかない


体を震わせ眠る猫には 鳴き声にならぬ過去がある

忘れ方を知らない僕らは 背負わされた闇 光に変えてゆけるかなぁ


隠された上履き 見つかったって 悲しみは終わらないから 探さなかった

心が軋む音 説明したってどうせ伝わらないから 話さなかった

何度 手を伸ばしたって 振り向かぬ背中があることを知り

時に未来に唾を吐くけれど

ひねくれたところで僕ら 所詮 純粋を捨てきれないのさ

誰もが子宮の温もりにくるまれてた


すすり泣くような風を伴奏に アイノウタを響かせたよ

誰かに聞いてほしいのに 誰にも聞こえない声で アイノウタを響かせたよ


過去は変わらず 未来はわからず しがみつこうとすれば

不安が希望を追いかけまわす


暗闇の中 冷たい手すりに連れていかれるように歩いた

何を目がけて進んでるのか わからなくなって 気づいたらしゃがみこんでた

素直に愛が欲しいと言えたなら 虚栄を羽織らずにすむのに…

世界で一番小さな海よ あなたは美しい あなたは嘘をつかぬから

提供: うたまっぷ