歌詞

はてしなく青い空を見た

西脇唯

作詞
西脇唯
作曲
西脇唯

落ちてゆくコインが アスファルトころがる

販売機けとばし あなたがふざけて走り出す


風を切る感触 ずっともう忘れてた

真夜中の街路樹 昨日のしずくが頭をなでた


どこまでもかけてゆきたい 指をからませながら思った

自由で陽気な恋人 一緒に笑いころげてたい


めぐりあえたことが いちばんの「大切」

どんなあなただって 私なら愛せる 誰よりも確かに見つめてる


立て札を乗り越えて 階段をのぼった

冷え込んだ屋上 見知らぬビルから夜明けを待った


ポケットで軽く揺れてた 缶ビールがしぶきをあげる

大好きな人が笑うと なぜこんなにうれしいんだろう


抱きよせた両手に いとしさがあふれる

はしゃいで寝ころんで デタラメを歌った 果てしなく青い空を見た


街の中を 部屋の中を 見回してみたって

消えたっていいものばかり それだけでいいことが せきたてる時間を壊してく


めぐりあえたことが いちばんの「大切」

どんなあなただって 私なら愛せる 誰よりも確かに見つめてる

提供: うたまっぷ