歌詞

モノクローム

kannivalism

作詞
兒玉怜
作曲
濱田圭

昨日って 空き缶に

僕等への メッセージ 詰まっていた

立ち止まる事には 意味があったんだ

運命よ 走り出せ


世界中の

モノクロのキャンパスに

ほら 謎が 渦巻いた

声や 感情に

そうさ 行け

僕等を 呼んでんだ

終わりにすんのは まだ早いよ


くしゃくしゃになっていた

真っ白な 地図には 描かれていた

走り出す事に 意味なんてねぇ

さぁ 運命を掴み取れ


世界中の

何処にだって

まだ 七色に 飛び交う

愛が 輪になってる

そうだ 行こう

僕等を 待っている

賽はもう投げられた


1つ 1つの 未来に

歪む 感情に

独り 独りの 未来

歪む 現状に


ヒトリ ひとつの物語

刻む 感情に

1つ 1つの 物語

刻む 現状に


1つ 1つの 未来に

歪む 感情に

独り 独りの 未来

歪む 現状に


ヒトリ ひとつの物語

刻む 感情に

歪む 現状 刻み込め


世界中の

モノクロのキャンパスに

ほら 謎が 渦巻いた

声や 感情に

そうさ 行け

僕等を 呼んでんだ

賽はもう投げられた


きっと 世界中

何処にだって

まだ 七色に 飛び交う

愛が 輪になってる

そうだ 行こう

僕等を 待ってんだ

賽はもう投げられた


でも でも

上手く行かなくて

答えなんてなくてさ


僕等ただ

そこに在る

友と愛と 共に


何年も先は

観えなくて

終わりはなくて


僕達は

そこに咲く

ほら生きる世界に

向かって


テクテク 歩く 今日に

テクテク 歩く 未来に

提供: うたまっぷ