歌詞

銀色 暗号

KinKi Kids

作詞
堂本剛
作曲
堂本光一

寒風に

あなた放った 言の葉

一瞬ね

四季たちが 揺れて死んだ


恐がって

聴けずにいた 未来曲

耳にあて

幼き日々 閉じ込めた


Makeをした

アスファルトを 足で撫でた

答え探すふり

Fakeryなあたし

唇 噛む


鮮やかな夜が

零している 銀色 暗号

問いたださないで

壊れるから


交差点ホール

幾千もの傷がDanceする


いまこの時


愛へ恋 焦がす


「綺麗だね…。」

初めて云われた 時間

心臓が

高鳴ることを覚えた


愛が 時代に塞がれて

声 失くしても

孤独の次に 咲き誇る

笑顔 捧(あ)げる


鮮やかな夜が

零している 銀色 暗号

隣で眠る あなた さらう


夜が明ける頃

空へ還る 銀色 暗号


どうしてだろう


涙 止まらないよ…。


鮮やかな夜が

零していた 銀色 暗号

一度きりの

あの日とふたり


そのふたりだけが

唱えられる 銀色 暗号


誰も知れない


愛は永久に響く


堕ちて 堕ちてく…

あなたのすべてに…


愛へと昇る…

愛へと 成る。

提供: うたまっぷ