歌詞

傷だらけの栄光

おぼたけし

作詞
荒木一郎
作曲
荒木一郎

見上げれば星のように

散りばめた無数のライト

浮き上がったリングの上は

今日も七色の汗が飛ぶ


光ってない TONIGHT! 俺の命も

わずかなこの瞬間にだけは

仕掛けられた花火みたいに

真赤に燃えあがって行く


負け犬の辛さがある

裏切りの棘がささる

乾き切ったリングサイドは

くらい残酷な淵がある


黙ってない TONIGHT! 俺の身体を

流れるこの非情な血潮が

解き放たれた野獣みたいに

しだいに燃え上がって来る


憐れみの愛の言葉

偽りの夢はいらない

みせかけの友情よりは

むしろ別の寒さがいいさ


わかってない TONIGHT! 今の俺には

孤独なこの匂いが似合いだ

ぶち当たってくだける波には

やさしさなど意味がないのさ

提供: うたまっぷ