歌詞

ビニール傘

空気公団

作詞
山崎ゆかり
作曲
山崎ゆかり

街に落としてきたのは心

足は僕を止めない

かき分けて進み出す

傘はもういらない


街に沈んでいるのは心

君は僕を止めない


音のある静けさに

つながっている

僕は人いきれの中に

夢を見ただけかも知れない


遮って無くすぐらいなら

傘はもういらない

とりあえず突き当たりの

喫茶店で待ってるから

提供: うたまっぷ