歌詞

夜間飛行

山根康広

作詞
山根康広
作曲
山根康広

夜のとばりが今日も街を包んでゆく

誰もが背負う悲しみさえも まるで隠すように

人混みをかき分けて あの娘の待つ場所へと

「おくれてゴメン」いつもの言葉に君はまた笑った

今夜君と夜間飛行

朝が来るまで

離さないよ

頬すり寄せ伝うぬくもり

誰も知らない愛に辿り着くまで


あなたの涙を見た日 深爪をしたような

せつなさの中 見つけたものは あなたへ募る想い

ふたりの未来のことは けして見えないけど

僕らがめぐり逢えた奇跡 ただただ信じている

君を連れて夜間飛行

さすらう船は銀河の海へ

瞳閉じて感じあえたら

やさしさの向こう側に夜明けが見える


今夜君と夜間飛行

しずかに燃える ささやかな夢たち

熱い口づけ抱きしめながら

ふたりだけの愛に辿り着くまで

提供: うたまっぷ