歌詞

記憶の鎖

結城アイラ

作詞
畑亜貴
作曲
虹音

夢が重かった

私は幼すぎて

宇宙の片隅 星の煌めきは

誰のメッセージ 乗せて光るのだろう

願ったことさえ忘れてしまいそう


誰か助けてと 声に出したって

無駄なの?

信じればいいよと誓った日々

遠い記憶


いまは走れないよ

心には錆びた鎖が

強く絡みながら 自由への愛奪う

そして明日見失い 過去へ逃げる


仲間たちがいて

想いを語り合った

あの頃はいつも みんな輝いてた


きっと戻れない 知ってるよだけど

会いたい

無邪気に笑えてた季節の中

遠い場所で


むかしむかし…

それは幸せを描(か)いた絵本で

眠り誘う調べ 聞こえない何故だろう

私、傷つきこわれた人形みたい


いまは走れないよ

心には錆びた鎖が

強く絡みながら 自由への愛奪う

私、傷つきこわれて

いまは走れないと

縛られた心痛いよ

ほどくチカラください 情熱を取り返す

そして足を踏み出そう 自分らしく

提供: うたまっぷ