歌詞

lose no time

槇原敬之

作詞
NORIYUKI MAKIHARA
作曲
NORIYUKI MAKIHARA

書き間違えたノートの

ページを丸めて捨てた

僕がもしも神様なら

こんな風に何も迷わず

問題ばかり後を絶たない

この星も僕らのことも

手のひらでつぶして

ゴミ箱に捨ててしまうのかな


でもいつも通り太陽は昇り

窓の外街は忙しなく動き

それを見ているこの僕だって

こうしてちゃんと生きているよ


シャンペンと紙吹雪で

迎えた21世紀は

映画やテレビが描いたような

夢の未来そのものじゃなく

そんな未来を築くために僕らに与えられた

大切な 大切な時間なんだ

そうか 神様は僕らを

見放してはいないんだ


別々の国に生まれた

2人がぎゅっと手をつなぎながら

この街の景色の中

幸せそうに歩くのを見た

二人の国が今突然

争い始めたとしても

その手をどうか離さないで

よけいに強く繋ぎあっていて


愛を誓い合えたり

心から分かり合える友になれる人が

自分の国にいるとは限らないと

誰もが信じられる時が来ればいい


シャンペンと紙吹雪で迎えた21世紀は

映画やテレビが描いたような

愛の未来そのものじゃなく

そんな未来を築くために僕らに与えられた

限りのある 大切な時間なんだ

そう 僕らはまだ生かされてる

何かを期待されている


大事なことを忘れないよう

書き留めておくそのための

紙なのに僕はほとんど何も

書かないで捨ててしまった

僕はもう一度拾い出して

丁寧にシワを伸ばした

大事だと思ったことを書こう

本当はどんな未来を望むのか


シャンペンと紙吹雪で迎えた21世紀は

映画やテレビが描いたような

夢の未来そのものじゃなく

そんな未来を築くために僕らに与えられた

大切な 大切な時間なんだ

そう 神様は僕らを

見放しなどしないんだ


しわくちゃの紙にそう書いて

胸ポケットに入れた

提供: うたまっぷ