歌詞

Love was sleeping.

槇原敬之

作詞
NORIYUKI MAKIHARA
作曲
NORIYUKI MAKIHARA

濡れても平気だと思う僕に

傘を差し出してくれた人

そのうれしさに気がつけなかった

あの頃の僕が君を失った

「ありがとう」と会釈をしたら

その人は笑ってくれた

そばにいてくれた事に僕は

何も言えずにいてごめんよ


自分が必要と気がつかないだけで

必要なものはたくさんある

そんな大事な事に気づくときはいつも

決まって愛が悲しみに変わるときだ


僕の心がいつだってぬれずにいれたのは

君の心がさりげなくさしてくれた

傘の中にいたからだろう


仕事が終わらない僕の邪魔を

しないくらいのそばまできて

いつも待ってくれていた

待ちくたびれていねむりしていた

時々君は窓辺の日向で

僕に背を向けて座っていた

そっと近づいて抱きしめると

首だけ上げて僕を見て笑った


自分が必要と気がつかないだけで

必要なものはたくさんある

そんな大事な事に気づくときはいつも

決まって愛が悲しみに変わるときだ


もう少しだけ早く僕が気づけていたのなら

今この時もかわらずに君は僕の

そばでいねむりをしていたのだろう


傘の先についた雨粒が

その中に映った景色と

こらえきれずに落ちてゆくよ

全ては儚いと教えるそのために


もう少しだけ早く僕が気づけていたのなら

今この時もかわらずに君は僕の

そばでいねむりをしていたのだろう


いつも僕のそばで

眠っていたのは愛だった

提供: うたまっぷ