歌詞

PLANET

GOING UNDER GROUND

作詞
松本素生
作曲
松本素生

作りかけの街で 彼は猫みたい

行く場所もなくて 明日を嘆いてる

腹ペコの心が探していたのは

あったかいスープやマフラーじゃないよ


作りかけの街に 僕は立っている

あったかいコートとピカピカの靴で

色とりどりネオン 浮き足立つ町

○か×の世界 彼はそれ以外


道の端で揺れている あの奇麗な花は

いつか彼が 植えた希望


こんな美しい世界で 僕らは生きていて

すれ違った声を 忘れたふりして

そして道に咲いた花を 僕らは踏みつけて

みんな同じはずの 明日を夢見ている


夜がふけて街は 静かになって

彼が歌うのは 故郷の歌

生まれ変われるなら こっそり想う

○か×の世界 それではない世界


胸は痛まないだろう? この世界では

多分きっとそれは よくあること


だって生きてくってことは 誰かを踏みつけて

振り返ることなく 歩くことで

そして道に咲いた花も 僕らは踏みつけて

忍び足でそっと 心に巣食った闇


道の端で揺れている あの奇麗な花が揺れている

明日どこへ行こうかな? ねぇ、例えば

こんな僕を 君はどう思ってる?


ずっと美しい世界で 何かを踏みつけて

涙流すことも 忘れた振りして

そして道に咲いた花を そっと避けたら

透き通った心 もう一度探せるかな?

提供: うたまっぷ