歌詞

葉桜並木

eastern youth

作詞
吉野寿
作曲
吉野寿

心を眠らせ 人々の中へ

花は終わった様だ

葉桜並木


遥か地平に立ちのぼる

焼却場の煙


鍵穴はいつか

合わなくなっていた

雨はあがった様だ

埃の匂い


寝惚け眼に陽光は

ぶれる視界を示す

そぞろ歩きの疲れ

足の裏との対話


せめて一時、通い合う

そっと笑顔を交わし合う

水の底に深く、光る鍵が見える


だけど、それは、いまだ、水の底。

提供: うたまっぷ