歌詞

夜更けと蝋燭の灯

eastern youth

作詞
吉野寿
作曲
吉野寿

蝋燭の小さな灯が揺れる度

消えては現れて

今迄が揺れている


窓の外は雨

後悔が濡れている

今は遠過ぎて

その姿さえ曖昧だ


音無く夜は更けて

想いは一秒刻みだ

音無く夜は更けて

潤んだ赤茶けた風景だ


見知らぬ街の角

風だけが親しい

騒ぎ立つ木立が私の今を告げる


虹を追い掛ける

その嘘を知りながら

窓の外は雨

光と闇が曖昧だ


音無く夜は更けて

想いは弛んだ弦のようだ

音無く夜は更けて

漂う愛おしい一秒だ

提供: うたまっぷ