歌詞

62

シュノーケル

作詞
西村晋弥
作曲
西村晋弥

人気ない バルコニー肩寄せて

ラララ 同じ空を見上げてた


62m先 工事中の目覚ましが

夕暮れ鳴り響く舗道

よく通ったカフェテラス 少し苦い珈琲

君が好きだったテーブル


602号室の鍵 錆びついたドアの向こう

ずっと空けたままの場所

隙間から差し込む光 キラキラ舞い上がる埃

君がくれたいくつかの嘘


目を閉じてそっと耳をすませば 今も残る鼓動響く


思い出ばかり詰め込んだバッグ 君と歩んできた分だけ

大切にしまいこんだまま 別々の方向へ


62ページ目にある短い夢物語

挿絵に描かれた二つの影

おとぎの城に向かって 手をつなぐ後ろ姿

真っ白な夜に包まれて


左手にずっと君のぬくもり 振り払えないままいたよ


消せない影を見ないふりして いつも強がり言ってただけ

気がつけば大切な日々は 何も言わず過ぎていく


思い出ばかり詰め込んだバッグ 君と歩んできた分だけ

大切にしまいこんだまま 別々の方向へ


ひとりきり バルコニー佇んだ

ラララ 同じ空を見上げてる

提供: うたまっぷ