歌詞

夕暮のスタジアム~キアイリュウケンのテーマ~

キアイリュウケン(堀川亮)

作詞
白井覚
作曲
西沢明

夕日に染まるスタジアム

試合の後の仲間の

寄り添う静かな微笑み

何故か、それがうれしい


うまく言葉にできないけど

一つ一つの心が

わかり合えるその瞬間が

そこにはある、と……


時を共に過ごしていく

その中で見つけ出した

互いに限りを尽くした

白い炎の姿


初めてここを訪れた

こんな日の夕暮時

昔、抱いた夢と希望

今、それが懐かしい


時は移りゆくものだけど

一人一人が何かを

磨き合える未知のパワーが

ここにある、と……


どんなに長い道のりも

優しさといたわりを胸に

仲間を共に高めてく

それが、すごくうれしい


"大切なもの"全ては瞳(め)には

見えないけれど 感じ合える


仲間の静かな微笑み

何故か、それがうれしくて……

仲間と共に高め合う

それが、すごくうれしい

提供: うたまっぷ