歌詞

堕落と絶望の少女

犬神サーカス団

作詞
犬神凶子
作曲
犬神情次2号

少女の頃に見た 希望の夢は

永遠に続く 妄想の世界

屈辱に満ちた 快楽の中

堕落と絶望に 束縛された 娼婦よ


ある朝目覚めたら あたしの体に

よだれを垂らしたケモノが息衝く


嗚呼 蕩けそうな 声色で囁くの

脳髄に忍び込む 甘い誘惑


少女の頃に見た 希望の夢は

永遠に続く 妄想の世界

屈辱に満ちた 快楽の中

堕落と絶望に 束縛された 娼婦よ


理性を失くした あたしの体は

思考の届かないところにあるから


嗚呼 壊れるくらい 全てを突き破って

誰だってかまわない 嘘でもいいわ


少女の頃に見た 希望の夢は

永遠に続く 妄想の世界

屈辱に満ちた 快楽の中

堕落と絶望に 束縛された 娼婦よ

提供: うたまっぷ